_dsc6710

「価値あるものづくり」

日本の技術とコラボするブランド、Ochre(オークル)は下町、墨田区にある川合染工場で”染め”をお願いしています。

一言で”染め”といってもこちらでは1951年創業以来、様々な手法で加工を手掛けてきました。

_dsc6728

単純に染めるだけでなく価値あるものづくりを目指すという想いから独自の技術で新たな加工を開発してきたのです。

_dsc6736

その一つが”東炊き”という手法です。
それは大量生産の商品とは一線を画す、伝統的な手法に基づいた熟練した職人さんだから出来る加工方法です。

_dsc6748

小さな釜で少しずつ生地を染めていき、手作業で天日干しで仕上げるという決して効率的とは言えない工程を繰り返すことで他にはないふっくらとした優しい肌触りが実現します。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

実際に触れてみるととてもコットンの商品とは思えないような肌触りで職人さんの想いが伝わってきます。

川合染工場の技術は価値あるものづくりとはお客様のことを思いやる想像力の高さだと思わせてくれる仕事だと思います。

white
0621_rehacer_still124