「丁寧な仕事」

rehacer(レアセル)のプリントTシャツはブランド立ち上げ以来すべて日本で作られています。

数あるインクを組み合わせ様々な色を作り、用途に分けて手法を柔軟に使い分ける技術は日本ならではと考えるからです。

インクが詰まっていないか、プリントがかすれてないかなど細かい確認と高い技術が海外生産にはない安定したクオリティーを支えています。

一番シンプルな単色プリント一つとっても大量に生産されるすべての商品がむらがなく均一であるところに日本生産ならではの『仕事』が集約されています。

どんな最先端の設備を使おうが最終的にはそれを使う人間によって左右されます。

使う人間の技術がそれに伴わなかったり、細やかな心配りを怠れば安定したクオリティーはありえません。いいものを作りたいという気持ちがその仕事ぶりから伝わってきます。