THE OTHER STORY

”文字通り肌身離さず使える財布”

先日発売された Trip Wallet は元々はメインで使う財布というよりももっとラフに、気軽に使えるような単純にお金の入れ物として考えたものです。

お札と数枚のカード収納、小銭入れのみといった必要最低限の機能のみにし、あとは潔いほどに削ぎ落とすことでライトな感覚で持ち運べるようにしました。

こちらを実際に使ってみて数週間経ちますが気づいたことがあります。

それは基本的にこの財布に入る機能で充分ということ。

いかに普段余計なものを入れてるかよく分かりました。

こういうのを断捨離なるものというのかどうかは別として機能を制限することで自分が本当に使うものと必要なものが識別出来たという思わぬ発見がありました。
メインの財布は予備のためバッグに入れておいてTrip Walletの方はパンツのポケットに入れています。

旅行の時も含めどこでも持ち運びしやすいこの財布は今では”文字通り肌身離さず使える財布”になっています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です